かい外科・胃腸科クリニック

かい外科・胃腸科クリニック

胃・大腸内視鏡検査の流れ
胃・大腸内視鏡検査の流れ

胃・内視鏡検査を受けられる方へ

検査前日
・夕食は固い物を避け、消化の良いものを午後7時までに済ませてください。それ以後は絶食となります。
・水分は普通におとりください。
・普段から就寝前に薬を服用されている方は、いつものようにお飲みください。
検査当日
・朝食は絶食です。牛乳・ジュース類は飲まないでください。
・湯飲み茶碗1杯ぐらいのお水でしたら、お飲みになって結構です。
・毎朝服用している薬は当日の午前6時頃服用してください。

※糖尿病でインスリン注射をしておられる方・くすりを飲まれている方は、当日の朝は中止してください。

ご注意いただきたい点
・なるべくゆったりとした服装でお越しください。(半袖のTシャツをお勧めします。)
・濃い口紅はご遠慮ください。
・検査の都合で開始時間が多少前後する場合があります。
・検査後、喉の麻酔の影響が残りますので、約1時間は飲食が出来ません。
・検査をより楽に受けていただくために、鎮静剤を使用することも出来ます。ただし、その場合には、検査後2時間程度の安静が必要になります。注射の影響が残りますので、当日検査を受ける方は、お車の運転を一日お控えいただきたいと思います。

※鎮静剤を希望される方は、検査当日にご遠慮無くお申し出ください。

次の項目に該当する方は、スタッフにお申し出ください。
□心疾患・緑内障・前立腺肥大・アレルギー体質・肝炎・喉が痛い・風邪を引いた方。
□胃の手術を受けた方。人工透析中の方。
□血液をサラサラにする薬(ワーファリン・パナルジン・バイアスピリンなど)服用している方。
□以前に内視鏡検査を受けた時嘔吐反射が強かった方、苦しかった方。
何かご不明な点がございましたら、何時でもスタッフにお尋ねください。
料金案内
保険3割負担
胃内視鏡 ¥5,000前後
病理検査 ¥5,000前後
※当院では手術は行っておりません。

大腸内視鏡検査を受けられる方へ

検査前日の食事
朝から、おかゆ麺類などの消化の良いものを食べてください。
繊維質のもの(海藻類や、ごま・ねぎ・しいたけなどの野菜類)や乳製品は控えてください。
検査前日の食事

●食べてよいもの
おかゆ・素うどん・食パン・豆腐・やまいも・じゃがいも(皮は食べない)・りんご(皮は食べない)・バナナ・プリン・透明の飴

●避けていただきたいもの
日本そば・天ぷら・揚げ物・海藻類(ひじき・わかめ)・もやし・菜っ葉野菜類・こんにゃく・ごぼう・豆類・とうもろこし・切り干し大根・えのき・ジャム・いちご・スイカ・キウイ

検査前日の昼 ※検査食購入の場合
「クリアスルーJB」を昼食から使用します。
「じゃがいものそぼろあんかけ」「梅かゆ」をお召し上がりください。
召し上がり方法は、袋の封を切らずに、そのまま沸騰したお湯の中で約3分~5分温めてください。
検査前日の昼 ※検査食購入の場合

水分は十分とってください。
水、お茶(市販品ペットボトル)、スポーツドリンク、コーヒー・紅茶(ミルクは除く)、果汁が入っていない清涼飲料水は摂取しても構いません。

検査前日の夕 ※検査食購入の場合
「ビーフシチュー」と「クラッカー」をお召し上がりください。
「ビーフシチュー」は、封を切らずに、そのまま沸騰したお湯の中で約3分~5分温めてください。
「クラッカー」はそのままお召し上がりください。
よく噛んで、遅くても午後8時までに必ずお召し上がりください。
検査前日の夕 ※検査食購入の場合

※水分は十分とってください。

水、お茶(市販品ペットボトル)、スポーツドリンク、コーヒー・紅茶(ミルクは除く)、果汁が入っていない清涼飲料水は摂取しても構いません。
なお、アルコール類の飲用は禁止です。

検査前日の夜
21時頃、処方された下剤を全部服用します。
コップ1~2杯の水で溶け残りがないように飲んでください。